メンズインテリア.comのカラー・ピンク色系を含むインテリアの一覧です

 


店長からのアドバイス
≫「ピンク」は女性にとって欠かせない色

女性ホルモンを活発にさせる効果があります。
女性らしい感覚をかもし出したい時にお勧めです。 カラー占いなどで、室内にピンク色を持ってくると恋人ができやすいといわれるのは、そのためです。
そもそもピンク色は女の人のための色というイメージがありますが、女性ホルモンに働きかけるわけですから、女性にとっては欠かせない色なのですね。

≫ホルモンの分泌を促し若返りに効果あり

ピンクは交感神経を刺激し、脳に血液を送る色であるため、頭痛や神経衰弱、ボケ防止などに役立つ色だと言われています。
血流をよくし、高血圧や疲労感を穏やかにする他、卵巣ホルモンの分泌を促すため、シミやシワの軽減といった若返りも期待できます。

≫"守られたい願望"を満たしてくれる色

精神的には、攻撃性を抑える効果がありますのでイライラしがちな人にオススメできます。 また、愛情を求める気持ちを高め、“守られたい願望”を満たしてくれる色でもあります。

≫ピンクばっかりの部屋には不安感が増すので気をつけて!

ピンク一色の部屋で長期間過ごすと、不安感が増します。また、ピンクはレッドを淡くした色であることから、濃い色を用いたり、多用しすぎた場合は、マイナス効果も表れてきます。 具体的には、軽い興奮状態になるため、血圧がやや上がったり、脈拍が早くなったりすることが考えられます。 また、寝室に濃いピンクを多用すると、寝つきが悪くなる恐れがあります。