一人暮らしインテリア.comトップ大辞典インテリア単語・用語辞典設備押縁とは

押縁
押縁とは

押縁とは・・

①押縁とは、部材同士の継ぎ目を押さえるための細長い材のことで、内外装工事に用いられる部材です。
押縁には、縦羽目板の継ぎ目に取り付ける目板、合板、板類などがあり、木製、金属製、プラスチック製のものなどがあります。また、家の外壁をに各板が少し重なり合うように取り付けた板を下見板と言い、押縁があるものを押縁下見板張と言います。

②家具や建具で、鏡やガラスを框に固定するために取り付ける細長い材のことを言います。

その他の「設備」用語

一人暮らしインテリア.comトップ大辞典インテリア単語・用語辞典設備押縁とは