暑さ対策,ワンルーム,一人暮らし 一人暮らし向け涼しい部屋の作り方

モテる男のニュース

一人暮らし向け涼しい部屋の作り方

ワンルームなど、風通しが悪い一人暮らしの部屋でもできる暑さ対策についての記事
一人暮らし向け涼しい部屋の作り方のイメージ
暑い季節がやってきました。一人暮らしの部屋は狭くて風通しが悪いことも多く、窓を開けようにも防犯上難しく、エアコンに頼ってしまいがち。でも、エアコンをつけると、体調や電気代も気がかりです。そこで今回は、一人暮らしのための上手なエアコンの付き合い方や、涼しさを感じるインテリアを紹介します。

エアコンに頼らない暮らしの工夫

部屋に入った瞬間、「暑い!」とすぐにエアコンのスイッチを押してしまう。でも、その前に、ちょっと待って。ひと夏の間、まったくエアコンを使わないことは難しいかもしれませんが、誰もが簡単にできる一工夫で頼りきりにならない暮らしを実現してみましょう。

外から入り込む日差しを防ぐだけで、部屋の中の温度の上昇を遅らせることができます。日中の外出でもカーテンを閉めておくのが◎

外から入り込む日差しを防ぐだけで、部屋の中の温度の上昇を遅らせることができます。日中の外出でもカーテンを閉めておくのが◎

■日中のカーテンは閉めておく
窓から入ってくる日差しで室内の温度を少しでも上がらないようにするためには、日中もカーテンを引いておくのがおすすめです。エアコンをつけるときも冷気が逃げるのを防ぐことができます。

部屋にいるときには薄暗くなってしまうのが気にはなりますが、外出するときには閉めてから出かけた方が帰ってきたときの暑さを少し和らげることができます。

■帰宅後は空気の循環を
締めきりにして出かけて帰宅した夜、部屋の中には日中の暑さがこもっていることがよくあります。エアコンをつけるにしても、なかなか部屋が冷えず、効率がよくありません。まずは開けられる窓を開けて換気をし、扇風機や換気扇を回して、室内の空気を循環させましょう。

扇風機はまず上に向けて、天井近くに溜まった熱い空気を逃がし、さらに窓に向けて、その空気を外に追い出すようにすると効果的。こもった暑さがなくなるだけで、エアコンをつけずに済むこともよくあります。

■ぬるめのシャワーを浴びる。お風呂に入る エアコンをつける前に、まずはシャワーやお風呂で汗をすっきりり流すだけでも快適になりますが、そのときにお湯の温度をいつもよりぬるめに設定しましょう。汗をかきすぎない35度前後がおすすめ。  ちなみに、いくら暑くても冷たすぎるのは逆効果。身体の表面が冷えて、発汗が止まり、むしろ暑さを感じてしまうそうです。

汗をざっと流すだけでも暑さは半減します。そうすると扇風機の風だけでも、ずいぶん過ごしやすくなるはずです

■ぬるめのシャワーを浴びる。お風呂に入る
エアコンをつける前に、まずはシャワーやお風呂で汗をすっきりり流すだけでも快適になりますが、そのときにお湯の温度をいつもよりぬるめに設定しましょう。汗をかきすぎない35℃前後がおすすめ。

ちなみに、いくら暑くても冷たすぎるのは逆効果。身体の表面が冷えて、発汗が止まり、むしろ暑さを感じてしまうそうです。

■すのこや寝ゴザ、保冷枕などを使う
暑くて寝苦しいときは、布団の下にすのこを敷いたり、寝ゴザや麻のシーツといった寝具で、肌触りや通気性をよくするのがおすすめです。

■保冷剤を活用する
冷蔵庫で冷やして使うジェルタイプのシーツや枕など、ひんやり冷やしてよく眠れる快眠グッズも続々発売されています。でも、身近にあるものでリーズナブルに涼しくするなら、冷凍食品や生ものを買ったときにもらえる保冷剤が便利です。

直接触れると冷えすぎてしまうので、タオルに巻き、首の回りや脇の下、足の裏などを冷やすと、体温がすっと下がります。それだと冷えすぎてしまうというときは、濡れたタオルを冷蔵庫で冷やしておくのも◎。人目を気にしなくていい一人暮らしだからこそのアイディアですが、「家の中では濡らしたTシャツを着ている」という人もいますよ。


続きはこちらから

All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/178849/

2010年8月29日 12:55 掲載
     初回購入時から500円お得になる現金ポイントを進呈中!
最新のモテる男ニュース
メンズインテリアのメールマガジン

かっこいい家具、モテる部屋の最新情報やお得情報をいち早くメールにてご案内! 読者限定のセールも開催中♪

     初回購入時から500円お得になる現金ポイントを進展中!

一人暮らしインテリアのジパング.comのインフォメーション 一人暮らしにやさしい初回購入時から500円お得になる現金ポイント進呈! 一人暮らしの悩みを解決!時間指定で安心 選べる2つの決済方法

ページの先頭へ戻る