ワンルーム,暑さ対策,クーラー効率 一人暮らし向け涼しい部屋の作り方2

モテる男のニュース

一人暮らし向け涼しい部屋の作り方2

ワンルームなど、風通しが悪い一人暮らしの部屋でもできる暑さ対策についての記事です。
一人暮らし向け涼しい部屋の作り方2のイメージ

前回の記事はコチラから


身体にもお財布にも優しいエアコンの使い方

アパートやマンションといった住環境では、エアコンなしの生活は難しいもの。ただし、外気との気温差が5℃以上になると、身体が対応しきれなくなり、夏バテを引き起こしやすくなるといわれています。身体の負担を和らげ、効率よく使うことを心がけましょう。

一人暮らしにも扇風機はおすすめのアイテム。部屋干しの洗濯物も風を送ると、素早く乾きます

一人暮らしにも扇風機はおすすめのアイテム。
部屋干しの洗濯物も風を送ると、素早く乾きます

■扇風機と併用する
「暑い」と感じたとき、エアコンの設定温度を下げる前に活用したいのが扇風機。同じ温度でも、風があるだけで体感温度が2~3℃下がると言われています。 また、部屋全体の空気を循環させることで、エアコンの効率がアップ。扇風機はエアコン側に置き、冷風を動かすように使うと、より涼しく感じられます。

扇風機は、部屋の換気や洗濯物の部屋干しなどもに使えます。持っていないという人も、あると便利ですよ。

■エアコンの掃除をする
エアコンのフィルターにゴミやほこりが詰まっていると、冷暖房の効率が落ち、節約にも健康にもよくありません。2週間に1回程度、フィルターを取り出し、掃除機で汚れを吸いとったり、汚れがひどいときは水で洗い流します。

■室外機の周りは物を置かない
室外機の周りに物を置いておくと、熱交換の効率が悪くなります。植物や洗濯物干しなどで風を遮らないように注意しましょう。

涼しさを感じるインテリア

実際に暑さを取り除くわけではなくとも、目や耳、質感や肌触りなどから、涼しさを感じられることがあります。そんなアイテムを取り入れて、涼しげな印象を受ける部屋作りをしてみましょう。

藍は、日本の夏によく似合う色。涼しさと心地よさを感じさせてくれます

藍は、日本の夏によく似合う色。
涼しさと心地よさを感じさせてくれます

■寒色系の色を使う
青や緑などの寒色には、文字通り涼しさを感させじる効果があります。例えば、ラグやベッドカバーなどのファブリックを青系に変えたり、目につく場所に観葉植物などのグリーンを置いてみる。大きな模様替えをしなくても、これだけでぐっと暑さが和らぎます。

個人的におすすめなのは藍。日本の浴衣にもよく使われる色ですが、深みのある落ち着いた濃い青は派手すぎず、地味すぎず。白や茶とも相性がよいため、すでに備えられている壁や家具などにも合わせやすいです。

■涼しげアイテムを飾る
ガラスの花瓶や器はその質感がひんやりとした冷たさを感じさせ、籠やござ、すだれは通気性がよく爽やかな印象を受けます。他にもうちわや貝殻など。部屋の 中に、そんな涼しさを感じるアイテムを置いてみましょう。テーブルの上やテレビの側など、ふだんよく目にするような場所がおすすめです。

風鈴の音色は、涼しさを運んでくれます。ただし、その音がご近所の迷惑にならないよう注意して。

風鈴の音色は、涼しさを運んでくれます。
ただし、その音がご近所の迷惑にならないよう注意して。

■五感から涼しさを取り入れよう
風鈴の軽やかな音色を耳にすると、気持ちの良い風が流れてくるような気がします。また、花火の香りをかぐと、夏の夕暮れの涼しさを思い出します。涼しさは 肌だけでなく、五感すべてから感じられるもの。自分の記憶や思い出から、暑さをしのぐ方法を探してみてはいかがでしょう。

前回の記事はコチラから


All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/178849/2/

2010年9月 2日 14:24 掲載
     初回購入時から500円お得になる現金ポイントを進呈中!
最新のモテる男ニュース
メンズインテリアのメールマガジン

かっこいい家具、モテる部屋の最新情報やお得情報をいち早くメールにてご案内! 読者限定のセールも開催中♪

     初回購入時から500円お得になる現金ポイントを進展中!

一人暮らしインテリアのジパング.comのインフォメーション 一人暮らしにやさしい初回購入時から500円お得になる現金ポイント進呈! 一人暮らしの悩みを解決!時間指定で安心 選べる2つの決済方法

ページの先頭へ戻る